Archive for 1月, 2017

エイジングケア

火曜日, 1月 31st, 2017

40代になってからというもの、目じりの小じわが目立ってきました。
乾燥がすすみやすい肌の部位と言うのがあるんだなというのは、
もう20代の中ごろから感じてはいたものの、この頃の肌のかさつきや
毛穴の開きなど、肌のハリが失われてくるに従って、
年齢を感じてしまう機会が増えたのです。

特に老けて見えてしまうのはやっぱり小鼻の脇から口元に伸びる
ほうれい線と、頬が下がって口の端から下へのマリオネットラインです。
いってみればこうやっておばあさんのような風貌になっていくのが分かるんです。

自分にとってエイジングケアが必要になるなんて、もっと先のことだと
高をくくっていたのですが、時の過ぎるのは思うよりも早くて
最近、腰をすえてエイジングケア化粧品を購入して本気で肌の手入れしてます。

どうせ使うなら医師監修による「ドクターズコスメ」が、肌の老化防止にはいいと思い、
ジュランツ化粧品を使っています。
肌再生医療として研究されていたEGFですから、衰えていく肌細胞の保湿機能や
ターンオーバーの促進などにとても効果的な成分ですから、今まで使っていた
基礎化粧品とは一線を画す使い心地で、肌のハリが戻ってきているのを実感してます。

祝辞は電報の方が賢いな

木曜日, 1月 5th, 2017

おとといの親戚の結婚式の疲れがまだ抜けない。
車で30分程度の結婚式場だったんだけど、今時のウェディングプランナーが
計画したような結婚式だったこともあり、なじめなかった。
ひさしぶりにスーツを着たし、肩もこってしまった。
チャペルもわりと冷えていたし、新郎新婦入場まで時間もあり、
賛美歌を歌うのにもなんだか違和感があった。

披露宴会場も併設しているから、昔の結婚式場によくあったようなものだけど、
ライスシャワーやったり、新郎新婦の両親への手紙など、
演出だけは少し変わっているけど、やっていることは昔と変わる事はなかった。
ただ、新郎新婦の昔の生い立ち動画なんて何も感じなかった。
来賓からの祝電 結婚式 人気はこのごろいろんな種類もあるようだ。
堅苦しい祝辞も少しはあったほうが、結婚には厳粛さも必要だ。

にぎやかな結婚式はいいと思うけれど、あの雰囲気は騒々しいだけだった。
結婚に対する畏敬の念も感じなかったし、料理を楽しむ時間もなかった。
結婚式に出席するならお祝いの気持ちももちたいが、正直それはない。
新婦のドレスも白々しく感じてしまったのは、新郎が親戚だという
情けなさがその理由だった。欠席して祝辞は電報の方が賢いなと思った。